悪天候下でも走行安定性が向上する

車を運転していて注意しなければならないのは天候の変化です。
それは急に悪天候になるようなことがしばしばあります。大雨や大雪、突風など天気の変化は避けることが難しいのです。
そのような場合、いかに安定的に走行するかがポイントとなります。
これは自動車の駆動タイプによっても変わってきます。今オートマチック車の多くはFF車といいフロントエンジンフロント駆動となっています。
これは前輪が回転して走行するものです。またFR車というフロントエンジンの後輪駆動というものもあります。
物理から考えると、ひっぱるより押す方が不安定となることがあります。その原理からいいますとフロント駆動のほうが走行安定性があるとも言えます。
しかしこれは上り坂や下り坂といった路面の状況にも変わってくるのでそのあたりは臨機応変に対応する必要があります。
このように天気が急変して悪天候になるような場合、まずやはり状況に応じて安全に走行するための判断をしなければなりません。要は場合によっては一旦パーキングなどで停止するという判断も必要になるということです。
そのような停止する場所が近くにない場合は速度をおとして走行するという判断が必要となります。