未分類

FF車はその名のとおり、フロントエンジン・フロントドライブの略です。車体の前方に主要な機器がすべて収まっているために、重量配分としては極めてフロント・ヘビーであることが特徴の一つです。そしてFF車の走りに関して言うならば、このフロント・ヘビーであることがすべての元凶となってしまうのです。あるコーナーを通過しようとする際に、車線の真ん中をずっと走り抜けるのを一つの目標としましょう。コーナーの入り口から出口まで、思った通りのラインをずっと辿っていくことができれば、ニュートラル(中立)ステアということになります。FF車の場合、フロント荷重が非常に大きいので、コーナーの入り口でステアリングを切っても、遠心力が働いて舵が効きにくくなります。結果的に思っているラインよりも外に外に膨らんでいこうとします。これをアンダーステアと言います。アンダーをなおそうと、より大きく舵を切りますが、舵を切ればスピードも落ちますからアクセルを踏み込みます。するとやはりフロントヘビーが祟って遠心力が掛かり、もっとアンダーが出ます。結果的にコーナーを通過するときにはアクセルを戻さざるを得ず、スピードが出ません。前輪で操舵と駆動のふたつの役割を引き受けているがゆえのデメリットでもあるのです。

多くの小型大衆車はフロントエンジン、フロントドライブのFF方式を採用しています。その理由は生産コストを抑えることができることや直進安定性を高めることができること、さらには燃費や居住性にも大きな貢献を果たしています。しかし、FF方式にデメリットがないわけではありません。

たとえば、駆動輪と操舵輪が同じであることよって、FRのようなシャープなハンドリングができません。また舵角を大きく取ることもできません。そのためにスポーツカーにはあまり向いていない方式と言われています。さらにフロントが重くなるので、ブレーキ時につんのめりやすくもなります。このために多くのメーカーではスポーツカーにFRや4WDシステムを採用しています。

ただメーカーによっては、ホンダのようにFFばかり作っているところもあります。FFであってもそれを感じさせないほどシャープなハンドリングを実現しているので、FF車だからといって物足りないということもありません。後輪を滑らせて走るドリフト走行などは苦手ですが、切れ味の良いハンドリングを得意としています。ハンドリングの良さは結局のところ、FFかFRかという駆動方式だけの問題だけではなく、サスペンションや動力性能など、様々な要素から複合的に成り立っているので、その点にも注目することが大切です。

FF方式の自動車は、駆動輪と操舵輪が共に前輪になります。そのために直進安定性は高いのですが、旋回能力が悪くなります。もちろん、普通に運転していて極端な不都合があるわけではありませんが、ハンドル操作に対して、よりリニアで、思い通りの旋回能力を求めるなら、駆動輪と操舵輪が違うほうが良くなります。つまりFRです。FRは駆動輪が後輪、操舵輪は前輪であるために、FFと比べると高い旋回能力を望むことができるようになります。

ただ、旋回能力というのは、駆動方式だけで決まるわけではありません。さらに重要なのはサスペンションの性能です。サスペンションの方式やセッティングによって、前輪駆動であってもスポーティな足回りにすることができますし、また後輪駆動であっても、ゆったりとした足回りにすることもできます。本格的なスポーツカーを求めるなら、後輪駆動かつしっかりとした足回りにセッティングしたサスペンションの両方が必要になってきます。

ただ現在スポーティな後輪駆動車はあまり多くありませんので、限られた車種の中から選択しなければなりません。また、降雪地帯では後輪が横滑りをして非常に運転が難しくなります。その辺も十分理解した上で車を選択することが大切です。

自動車のFF車は、室内が広く、軽いですね。
車の前方部にエンジンを載せていて、前ホイールを回転させて自動車を動かす方式ですが、現在では多くの車が採用をしているようです。
それは、エンジンの回転をそのまま前輪に伝える事が出来るので、部品点数がかなり少なく、コンパクトで軽量化になり、コストダウンと燃費の軽減に役立ち、そして車内空間が大変に広くなって快適になったという事です。
かつての多くの車が採用をしていたFR車、前にエンジンを載せ、その回転を後ろの車輪に伝えて後ろのホイールを回しますが、後ろへ伝えるためのプロペラシャフトを車の中央を前から後ろまで通して、そこで回転を左右の後輪それぞれに伝えるためのデフが必要となります。
FR車はプロペラシャフトやデフを設置するために、その分どうしても車高が高くなってしまいます、しかしFF車は要りませんので車高を低くする事が出来て、車内を高くして子供が立って歩く事が出来る程になります。
ただFF車は、エンジンなど多くの部品類の重量が前輪に掛かってしまっているので、前輪のタイヤ寿命は後輪のタイヤに比べますとかなり短くなります、又ハンドリングが少し悪い事が有りますが、これはかなり改善されています。

車を運転していて注意しなければならないのは天候の変化です。
それは急に悪天候になるようなことがしばしばあります。大雨や大雪、突風など天気の変化は避けることが難しいのです。
そのような場合、いかに安定的に走行するかがポイントとなります。
これは自動車の駆動タイプによっても変わってきます。今オートマチック車の多くはFF車といいフロントエンジンフロント駆動となっています。
これは前輪が回転して走行するものです。またFR車というフロントエンジンの後輪駆動というものもあります。
物理から考えると、ひっぱるより押す方が不安定となることがあります。その原理からいいますとフロント駆動のほうが走行安定性があるとも言えます。
しかしこれは上り坂や下り坂といった路面の状況にも変わってくるのでそのあたりは臨機応変に対応する必要があります。
このように天気が急変して悪天候になるような場合、まずやはり状況に応じて安全に走行するための判断をしなければなりません。要は場合によっては一旦パーキングなどで停止するという判断も必要になるということです。
そのような停止する場所が近くにない場合は速度をおとして走行するという判断が必要となります。

クルマの駆動式には4輪駆動と2輪駆動があります。
4輪駆動は4WDやAWDなどと言われ、悪路走行に優れています。
2輪駆動の場合前輪駆動と後輪駆動があり、前輪駆動がFF後輪駆動がFRと言います。
それぞれに利点と欠点が多く、その中でもFF車の説明をします。
FF車は前輪をフロントに搭載されたエンジンが駆動させるため、FRとは真逆の性質を持ちます。
FF車には利点が多く、その中でもコストという点ではFRや4WDに比べて最大のメリットとなります。
FRはフロントに搭載されたエンジンからプロペラシャフトを通して、後輪に力を伝達するため、部品点数が多く、車室の空間が遮られます。
一方、FFはデファレンシャルギア やプロペラシャフトなどのジョイント部分で逃げる無駄な力が無いため、燃費に優れる部分でも多くのロスカットが出来る駆動タイプです。
さらにクルマの重心がエンジンをはじめとする多くの部品があるフロントにあるため、直線での急ブレーキ時や下り坂などの安定性が良く、とくに雨や雪の悪路にも強いです。
欠点としては前輪の摩耗が早い点や大排気量の重量車の高速走行ではブレなどが発生することがあるのですが、安全走行速度でほぼ問題が無いと言えるため、欠点を上回る利点が得られることが多いでしょう。

現在、販売されている車の多くがフロントエンジン・フロントドライブ車です。
フロントエンジン・フロントドライブとは、車の前部にエンジンを配置し、前輪で駆動する方式のことをいいます。
この配置によって、プロペラシャフトやギアボックスなどが必要なくなり、コンパクトなボディでも広い車内空間が保てるといった効率的なスペースができることと、パワートレインのモジュール化が可能で組み立て時間の短縮や駆動力を負担しないリアサスペンションの構造を簡素化でき、コストダウンにも繋がるため、最近では様々な自動車メーカーでこのフロントエンジン・フロントドライブを採用する車が非常に多くなっています。
この方式が実用的な形で広まったのは、1959年のBMC・ミニ。国内では80年代前半のうちにほとんどの車種がこの方式にモデルチェンジされています。
この方式のメリットは、荷重が前輪に多くかかるため直進時の安定性がよく、前輪にトラクションがかかりやすくなり、スピンしにくいので、悪天候でもハンドルを切った方向へスムーズに進むという特性があります。
また、エンジンと駆動輪が近いことで駆動力の伝達距離が短くなるため、省燃費走行が可能になりエコカー等に向いているされています。

ボディ前方にエンジンをマウントし前輪を駆動し、さらに前輪で舵取りをする。こうしたエンジンレイアウトをFFと言います。FF車は後輪を駆動するわけではありませんから、当然のことながら、後輪に駆動力を伝達するプロペラシャフトがありません。機会があればFF車のボディの下を覗き込んでみてください。後輪部分にはただ左右の車輪を結ぶ梁のような部品があるだけで、前後輪を結びつけるような部品は見当たらないはずです。FF車では後輪は「ただ転がっているだけ」なのです。このために駆動と舵取りという非常に複雑かつ重量のある部品類はすべてボンネット内部に収まっており、その結果として非常に広い居室を確保することができるのです。シャフトもないために、FF車の床は非常に低く、かつ平面的に構成することができます。tしかに前輪部にすべてが集中しているがために重量配分としては理想とはほど遠いかもしれませんが、技術開発のおかげでこうしたデメリットは徐々に改良されてきています。そうしたデメリットを補って余りあるほどの実用上のメリットが非常に多く認められるのが、FF車の特徴と言えるでしょう。今や需要容赦のほとんどがこのエンジンレイアウトを採用していることからもそれが裏付けられます。

現在多くの乗用車はFF車です。一部の高級車やスポーツカー、あるいは大型のステーションワゴンなどを除いてほとんどの車種が採用しているメカニズムです。これはやはり他のエンジン配置に対して大きなメリットがあるからです。まず一番のメリットはエンジンと駆動輪を近くに配置できるので、プロペラシャフトなどの余分な部品が少なく、小さく軽く効率の良い設計が出来る点です。同じような乗用車ならFR車に比べてはっきりと室内が広く作れます。また車重も明らかに軽くなり、燃費などにも好影響があります。これだけならエンジンを後ろに置くRR車でも同じですが、RRの場合、走行風がエンジンに直接当たらず冷却に不利であり、またエンジンが後ろにあるためにヒーターやクーラーの利用がしにくく、バスのような大型車ならともかく小さな乗用車では不利でした。またエンジンのある前輪が操舵輪でもあり、駆動輪でもあるので極端にハイパワーなスポーツ車でもない限り確実なグリップができ、滑りやすい路面でも方向性を失いにくく、運転しやすいなどメリットが大きくなっています。かつては操舵輪と駆動輪を前輪にまとめるのは技術的に難しく、あまり採用されていなかったり、採用されても運転の癖の強い運転しにくい車になったりしていましたが、現在はそういう面は技術的に克服され、全く問題ない状態といえます。