FF(フロントエンジン・フロントドライブ)が多くの車種に採用されている理由

現在多くの乗用車はFF車です。一部の高級車やスポーツカー、あるいは大型のステーションワゴンなどを除いてほとんどの車種が採用しているメカニズムです。これはやはり他のエンジン配置に対して大きなメリットがあるからです。まず一番のメリットはエンジンと駆動輪を近くに配置できるので、プロペラシャフトなどの余分な部品が少なく、小さく軽く効率の良い設計が出来る点です。同じような乗用車ならFR車に比べてはっきりと室内が広く作れます。また車重も明らかに軽くなり、燃費などにも好影響があります。これだけならエンジンを後ろに置くRR車でも同じですが、RRの場合、走行風がエンジンに直接当たらず冷却に不利であり、またエンジンが後ろにあるためにヒーターやクーラーの利用がしにくく、バスのような大型車ならともかく小さな乗用車では不利でした。またエンジンのある前輪が操舵輪でもあり、駆動輪でもあるので極端にハイパワーなスポーツ車でもない限り確実なグリップができ、滑りやすい路面でも方向性を失いにくく、運転しやすいなどメリットが大きくなっています。かつては操舵輪と駆動輪を前輪にまとめるのは技術的に難しく、あまり採用されていなかったり、採用されても運転の癖の強い運転しにくい車になったりしていましたが、現在はそういう面は技術的に克服され、全く問題ない状態といえます。