FF車にはプロペラシャフトが存在しない

ボディ前方にエンジンをマウントし前輪を駆動し、さらに前輪で舵取りをする。こうしたエンジンレイアウトをFFと言います。FF車は後輪を駆動するわけではありませんから、当然のことながら、後輪に駆動力を伝達するプロペラシャフトがありません。機会があればFF車のボディの下を覗き込んでみてください。後輪部分にはただ左右の車輪を結ぶ梁のような部品があるだけで、前後輪を結びつけるような部品は見当たらないはずです。FF車では後輪は「ただ転がっているだけ」なのです。このために駆動と舵取りという非常に複雑かつ重量のある部品類はすべてボンネット内部に収まっており、その結果として非常に広い居室を確保することができるのです。シャフトもないために、FF車の床は非常に低く、かつ平面的に構成することができます。tしかに前輪部にすべてが集中しているがために重量配分としては理想とはほど遠いかもしれませんが、技術開発のおかげでこうしたデメリットは徐々に改良されてきています。そうしたデメリットを補って余りあるほどの実用上のメリットが非常に多く認められるのが、FF車の特徴と言えるでしょう。今や需要容赦のほとんどがこのエンジンレイアウトを採用していることからもそれが裏付けられます。