FF車のデメリット

多くの小型大衆車はフロントエンジン、フロントドライブのFF方式を採用しています。その理由は生産コストを抑えることができることや直進安定性を高めることができること、さらには燃費や居住性にも大きな貢献を果たしています。しかし、FF方式にデメリットがないわけではありません。

たとえば、駆動輪と操舵輪が同じであることよって、FRのようなシャープなハンドリングができません。また舵角を大きく取ることもできません。そのためにスポーツカーにはあまり向いていない方式と言われています。さらにフロントが重くなるので、ブレーキ時につんのめりやすくもなります。このために多くのメーカーではスポーツカーにFRや4WDシステムを採用しています。

ただメーカーによっては、ホンダのようにFFばかり作っているところもあります。FFであってもそれを感じさせないほどシャープなハンドリングを実現しているので、FF車だからといって物足りないということもありません。後輪を滑らせて走るドリフト走行などは苦手ですが、切れ味の良いハンドリングを得意としています。ハンドリングの良さは結局のところ、FFかFRかという駆動方式だけの問題だけではなく、サスペンションや動力性能など、様々な要素から複合的に成り立っているので、その点にも注目することが大切です。