室内が広く、軽い

自動車のFF車は、室内が広く、軽いですね。
車の前方部にエンジンを載せていて、前ホイールを回転させて自動車を動かす方式ですが、現在では多くの車が採用をしているようです。
それは、エンジンの回転をそのまま前輪に伝える事が出来るので、部品点数がかなり少なく、コンパクトで軽量化になり、コストダウンと燃費の軽減に役立ち、そして車内空間が大変に広くなって快適になったという事です。
かつての多くの車が採用をしていたFR車、前にエンジンを載せ、その回転を後ろの車輪に伝えて後ろのホイールを回しますが、後ろへ伝えるためのプロペラシャフトを車の中央を前から後ろまで通して、そこで回転を左右の後輪それぞれに伝えるためのデフが必要となります。
FR車はプロペラシャフトやデフを設置するために、その分どうしても車高が高くなってしまいます、しかしFF車は要りませんので車高を低くする事が出来て、車内を高くして子供が立って歩く事が出来る程になります。
ただFF車は、エンジンなど多くの部品類の重量が前輪に掛かってしまっているので、前輪のタイヤ寿命は後輪のタイヤに比べますとかなり短くなります、又ハンドリングが少し悪い事が有りますが、これはかなり改善されています。