アンダーステア現象とは

FF車はその名のとおり、フロントエンジン・フロントドライブの略です。車体の前方に主要な機器がすべて収まっているために、重量配分としては極めてフロント・ヘビーであることが特徴の一つです。そしてFF車の走りに関して言うならば、このフロント・ヘビーであることがすべての元凶となってしまうのです。あるコーナーを通過しようとする際に、車線の真ん中をずっと走り抜けるのを一つの目標としましょう。コーナーの入り口から出口まで、思った通りのラインをずっと辿っていくことができれば、ニュートラル(中立)ステアということになります。FF車の場合、フロント荷重が非常に大きいので、コーナーの入り口でステアリングを切っても、遠心力が働いて舵が効きにくくなります。結果的に思っているラインよりも外に外に膨らんでいこうとします。これをアンダーステアと言います。アンダーをなおそうと、より大きく舵を切りますが、舵を切ればスピードも落ちますからアクセルを踏み込みます。するとやはりフロントヘビーが祟って遠心力が掛かり、もっとアンダーが出ます。結果的にコーナーを通過するときにはアクセルを戻さざるを得ず、スピードが出ません。前輪で操舵と駆動のふたつの役割を引き受けているがゆえのデメリットでもあるのです。