自動車の旋回能力が悪い

FF方式の自動車は、駆動輪と操舵輪が共に前輪になります。そのために直進安定性は高いのですが、旋回能力が悪くなります。もちろん、普通に運転していて極端な不都合があるわけではありませんが、ハンドル操作に対して、よりリニアで、思い通りの旋回能力を求めるなら、駆動輪と操舵輪が違うほうが良くなります。つまりFRです。FRは駆動輪が後輪、操舵輪は前輪であるために、FFと比べると高い旋回能力を望むことができるようになります。

ただ、旋回能力というのは、駆動方式だけで決まるわけではありません。さらに重要なのはサスペンションの性能です。サスペンションの方式やセッティングによって、前輪駆動であってもスポーティな足回りにすることができますし、また後輪駆動であっても、ゆったりとした足回りにすることもできます。本格的なスポーツカーを求めるなら、後輪駆動かつしっかりとした足回りにセッティングしたサスペンションの両方が必要になってきます。

ただ現在スポーティな後輪駆動車はあまり多くありませんので、限られた車種の中から選択しなければなりません。また、降雪地帯では後輪が横滑りをして非常に運転が難しくなります。その辺も十分理解した上で車を選択することが大切です。